気ままなCafe Time*自宅焙煎

Makuakeで安い珈琲焙煎機を購入してから早10カ月になる。
肝心の生豆は主にWorld Beans Shopから仕入ている。ここは産地と農園にこだわりとても安く購入することができる。
気に入っているのは、ブラジルナセンテス・ダ・グラマ農園、バリ アラビカ 神山ハニー、ブラジルさくらブルボン、グァテマラ グアタロン農園。
個性的なのはケニア エンデスベス農園ナチュラル。
香りを楽しむならハイロースト位にする。ケニアあたりは、シティローストで、インパクトをつける。
安い焙煎機なので、実はハイ・ローの2段しか調整が出来ないのだが、生豆の量で、調整可能な事を発見。
やっと好みの一杯の珈琲をいれる事が出来るようになった。
ハイローストは60g。シティーローストなら50g位って感じ。
紙のドリップ、ステンレスのドリップ、フレンチプレス…
普段自分だけの1杯は珈琲のアロマをすべて出し切るフレンチプレスでいれる。
Bodum Brazil。200ccで9.0g。85°C。1/4お湯を注ぎ40秒蒸らす。お湯を足して残り3分20秒で抽出。
ドリップのようなキレを出すため絶対にかけ回さない。
カップはArabiaのマグカップ。
今日の1杯はコロンビア Sweet。
リビングシアターで今日は何を観ようかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました